すっぽん小町の口コミやお得情報が満載!!

すっぽん小町の口コミ大全集

すっぽん小町

【健康促進】すっぽん小町の主成分に見る嬉しい健康効果

更新日:

すっぽん小町が売れ続けている理由の1つは、間違いなく健康効果に期待してのものだと思われます。

 

鉄分を始めとするミネラル類や血液をサラサラにしてくれる成分、そして疲れが取れる効果が期待できるアミノ酸などは、現代人に必要不可欠な栄養と言っても過言ではないでしょう。

 

では、すっぽん小町にはどのような健康効果が望めるのでしょうか。

以下では、すっぽん小町を飲むことによって期待できる効果について、主成分の観点から詳しく紐解いていきたいと思います。

アミノ酸

すっぽん小町の主成分を担っているアミノ酸ですが、上記の表に記載されているように19種類にも及んでいます。

そして体内での合成が不可能とされていて、食品から摂らなければならないとされている必須アミノ酸9種を全て含んでいるのが大きな特徴です。

19種類のアミノ酸がバランス良く配合されているので、美容効果はもちろん、疲れなどの緩和にも期待できるでしょう。

運動しながらのダイエットなどとの相性も抜群に良さそうですね。

【関連記事】

【美人育成】すっぽん小町の主成分に見る嬉しい美容効果

 

その他、栄養成分

生プルーンの73倍の鉄

鉄分は不足することで「目眩」「立ちくらみ」「動悸」などの不調と疲れやすくなるというデメリットが出てきます。

 

食事から摂った鉄分は体内の臓器に留めておくこともできますので、鉄不足の強い症状が出る頃には「体内に全く鉄分がない状態」である可能性が高く、そうならないためにも普段の生活から積極的に摂取していきたいところです。

 

鉄分はレバーを始めとする肉類や貝類などにも多く含まれています。

決してプルーンに多く含まれているというわけではありませんが、プルーンは100gあたりに0.2mgの鉄を含んでおり、73倍ともなると多くの鉄を含むことで知られている豚レバーを上回る含有量です。

 

生にんにくの14.4倍のビタミンB2

全般的に熱に弱いとされているビタミンですが、熱には強いものの、水に溶けてしまうという性質があります。

そのためビタミンB2を効率良く摂取しようと思ったら、調理法がスープなどになりがちです。

しかし口内炎などの対策として非常に有効と言われており、過剰摂取しても問題ありません。

 

生にんにくに含まれる量は微々たるものですが、14.4倍ともなるとその量は野菜の中では突出する数値となります。

にんにく100gあたりの含有量は0.07mgで、その14.4倍は約1.0mgです。

野菜で最も多くのビタミンB2を含むものがモロヘイヤの約0.4mgと言われていますから、十分すぎる量が摂れると言えるでしょう。

 

普通牛乳の46.4倍のカルシウム

私たちの生活には非常に馴染みの深いカルシウムですが、カルシウムを取る方法として最もメジャーなものが牛乳ではないでしょうか?

その牛乳の46.4倍のカルシウムが含まれています。

 

カルシウムは骨や歯を作る材料になっている他、不足するとイライラしがちになってしまうとも言われていますよね。

心身ともに健康であるためには欠かせない栄養と言えるでしょう。

 

現代人に多いとされている骨粗しょう症の主な原因となっているのもカルシウム不足だと言われていますので、ぜひ積極的に摂っていきたいですね。

 

黒マグロ赤身の16.7倍のEPA

青魚に多く含まれると言われているEPAは、「血液をサラサラにする」「血管年齢を若くする」などの効果が期待できます。

これらの効果によって動脈硬化の予防などにも繋がりますから、健康診断の血液検査に怯えているという人には、もってこいの栄養と言えるでしょう。

 

よくDHAと比較されていることも多いEPAですが、DHAに関してはまだ不明確な部分も多く、一般的には「成人の血液を健康にするのがEPA、乳幼児の脳の発達に欠かせないのがDHA」などと言われているようです。

 

ほうれんそうの14.7倍の亜鉛

免疫機能にも大きく関係している亜鉛は、不足することで味覚障害皮膚炎などにも繋がります。

また、カルシウムの吸収を促進する効果もあるので、骨粗しょう症対策にも効果的です。

 

通常の食事からのみの摂取であれば、ほぼ過剰摂取になることはありませんが、サプリメントなどによる過剰摂取の場合は、吐き気や腹痛に繋がる可能性があります。

1日の成人男性の推奨摂取量が10mgで、成人女性だと8mgです。超えてはいけないとされているラインは、この4倍程度と言われているので注意してください(男性:40mg、女性:32mg)

 

ほうれんそう100gあたりの含有量が0.7mgと言われているので、その14.7倍だと10.29mgですから、はがくれすっぽんの粉末から摂るのは非常に効率が良いと言えるでしょう。

 

落花生の9.5倍のビタミンB1

ビタミンB1を摂取することで、食事から摂った糖質がうまくエネルギーに変わりますから、ダイエット中には欠かせない栄養の1つと言えるのではないでしょうか。

ビタミンB1が欠乏すると夏バテになるとも言われていますので、暑くて食欲が落ちそうな時期にも積極的に摂りたいですね。

 

1日10gほどの量を長期的に摂ると、弊害として痒みなどが生じることが報告されているようですが、落花生100g中のビタミンB1は0.23mg程度ですので、その9.5倍は2.2mg程度となります。

1日の摂取量は年齢や性別にもよりますが、大体1.0mg~1.5mg程度です。

 

ごまの6倍のビタミンE

生活習慣病老化に対して効果的とされているビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類に豊富に含まれており、美容効果を謳っている健康食品などでは間違いないく入っていると思われるほどの栄養です。

 

生理痛や生理不順にも効果的だと言われているので、シミなどの予防も兼ねて女性は特に積極的に摂っていきたいですね。

ちなみにごまに含まれるビタミンEは100g中0.1mgと、含有量はあまり多くありません(アーモンドだと100g中29.4mg)。

これが6倍になってもアーモンドはおろか、落花生の含有量の足元にも及んでいません。

 

しかし、1日の推奨摂取量は成人男性で6.5mg、成人女性で6.0mgです。

ちなみに過剰摂取は、吐き気や下痢、肝機能の低下を招くとされており、そのラインは650mg程度と言われています。

 

最後に

すっぽん小町には、美肌や美髪を作るためのアミノ酸を含め、健康に働きかけてくれる成分もたくさん含まれています。

より綺麗に、より美しくなりたいという人は、すっぽん小町を飲んでみてはいかがでしょうか。

幅広い栄養をカバーしつつ、そのどれもが過剰摂取にならないバランスです。

成分的にもコスパ的にもオススメですので、ぜひお試しください。

-すっぽん小町

Copyright© すっぽん小町の口コミ大全集 , 2018 All Rights Reserved.